食物アレルギーかなと思ったら〜パパとママのための食物アレルギーのお話〜

.
.

アレルギー検査ってどんなことするの

食物アレルギーが疑われた場合は、医療機関を受診して診療を受け、必要ならアレルギー検査を受けます。その経過や結果を参考にして、どの食物が原因かを特定します。

血液検査/皮膚検査

代表的なアレルギー検査には、血液検査/皮膚検査があります。

アレルギー検査:血液検査

一般的に利用されている血液検査は、保険適用の範囲内で受けられます。
※検査内容については医療機関で問い合わせするようにしましょう。


アレルギー検査:皮膚検査

食べた後すぐに症状が現れる、即時型のアレルギーを調べるためには、皮膚テストが適しています。皮膚テストの一つに「スキンプリックテスト」があります。
この検査では、腕などにアレルゲンを滴下し、バイファケイテッドニードル(検査用の針)などで軽く刺します。出血はしません。
食べてから時間が経って症状が現れる、遅延型では、パッチテストも有効です。この検査は、アレルゲンを背中などに貼り付けて、経過した時間ごとに症状を調べるものです。


子どものアレルギーの先生:大谷先生
大谷先生から

「血液検査ではとくに事前の準備はありません。ただし、皮膚検査の場合、検査の前に内服薬を中止し、皮膚の状態を良好に保つことが大切です。費用に関しては各自治体によって異なりますが、小児の場合は乳児医療が利用できることが多いです」

また。『食物日誌』を使い、食品、アレルギーが起きた日時、症状を記録することで原因を追跡することも大切です。


豆乳アイス Soy(ソイ):乳製品・卵不使用

アイスやさん