食物アレルギーかなと思ったら〜パパとママのための食物アレルギーのお話〜

.
.

知っておきたいアレルギー症状

アレルギー:運動を伴う複合的原因

運動を伴う複合的原因

食物アレルギーでは、特定された原因抗原を含むものを食べた後に症状が出る場合がほとんどですが、まれに、食物と運動が原因となって激しい症状が出る場合があります。
たとえば、学校の昼食後、昼休みや体育などで運動をすると起こる場合があることが知られており、これを「食物依存性運動誘発アナフィラキシー」といいます。

アレルギー:遅延性の症状

遅延性の症状

原因抗原を含む食品を食べてすぐ、症状が起きる場合がほとんどですが、食べた後かなり時間が経ってから症状が現れることもあります。この場合、診断には、食物経口負荷試験、各種検査や食物日誌によって原因抗原を特定します。

子どものアレルギーの先生:大谷先生
大谷先生から

「患者さんの症状はとても多様です。アレルギーに関する検査をして高い値が出るにもかかわらず、その抗原を含む食品を食べてみる『食物経口負荷試験』をしてみると、アレルギーが起きない、という例がありました。ていねいに問診をして何を食べた時にアレルギーが起きるのか追跡してみても、なかなか原因抗原を特定できないこともあります。これらの場合には、医師立ち会いのもとで原因を疑われる食物を実際に食べてみる『食物経口負荷試験』が診断に役に立ちます」


豆乳アイス Soy(ソイ):乳製品・卵不使用

アイスやさん